モチベーションを保つ秘訣は【サボり】にあった。チートデイの効果と注意点をまとめたぞ!

ああ…忙しい!もうやだ!!

 

意図的にサボる日を作っていますか?どうも、よへいです。

 

皆さんは【チートデイ】という言葉を知っていますか。

チートデイとは、何をしてもいい日のこと。

 

チートデイを作ることで、モチベーションが上がることが分かっていますd( ̄  ̄)

 

今日は、チートデイの効果と注意点をまとめてみました!

 

 

<参考>

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

 

 

サボる日を決めろ!チートデイ

f:id:yohei_physics:20190215150410j:plain

 

チートデイは事前に”サボる日を決めておく”という方法です。

 

何かを実践するときって、常にストレスが溜まるものです(´;ω;`)

 

例えば、受験勉強のとき、よへいは毎日のように

 

「落ちたらどうしよう…」

「勉強のやり方が間違えてるんじゃないか…」

「プリン食べたい…」

 

とストレスを感じていました。

 

そして、1日でもうまくいかない日があると、

 

「今日はいいや(`・ω・´)シャキーン

 

いわゆる【どうにでもなれ効果】が働きます。

 

どうにでもなれを防ぐ方法は、あらかじめサボる日を作っておくこと。そうすれば、強い反動を抑えることができます。

 

つまり「チートデイ」はモチベーション維持に有効な方法なのです!

 

 

チートデイは’あらかじめ’が大切!

f:id:yohei_physics:20190215150156j:plain

じゃあ、単純にサボればいいかって?

 

実は、そうではありません。

 

チートデイで大切なのは【あらかじめ】サボる日を決めておくことです。

 

例えば、目が覚めてから

「今日はやる気が起きねえなぁ….」

「よっしゃ、今日はチートデイにするか」

これ、チートデイとは呼びません。

 

チートデイをやるなら、「この日はサボるぞ!」というように、事前に決めておくことが重要です。

 

 

ポルトガルカトリック大学の実験

f:id:yohei_physics:20190121132420j:plain

ダイエットと、チートデイの関係をしめす実験を紹介します。

 

ポルトガルカトリック大学では被験者を2つのグループに分けました。

 

  1. 週1のチートデイを作って、2週間のダイエットを行なったグループ
  2. 普通に2週間のダイエットを行なったグループ

 

チートデイでは好きなだけ食べてもオッケーです。

なので普通に考えたら、チートデイは逆効果に思えます。

 

しかし結果は以下のようになりました。

なんとチートデイを作ったグループの方が、

  • ダイエットに成功する確率が高かった
  • 楽しさを感じた
  • 減量へのモチベーションが高かった

 

なんということでしょう…

好きなように過ごせて効果も上がる。完璧や\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

 

チートデイはどのくらいの頻度がいいの?

f:id:yohei_physics:20190215150224j:plain

チートデイは、「2週間に1回」のペースが良いとされています。

 

ダイエットなら、2週間に1日は好きなだけ食べる。

貯金なら、2週間に1日は好きなだけ使う。

勉強なら、2週間に1日はペンを持たない。

 

なんて理想の日なんだ!!

 

 

まとめ

☆チートデイはモチベーションUPに効果的!

☆【事前】にズルする日を決めることが大切

☆2週間に1回のペース

 

サボりをしてもいい。

こう考えるだけで嬉しくなっちゃいましたw

 

以上、よへいでした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました