【失敗談】よへいと仮面浪人 part2 「大学1年の4月~5月」まで

どうも、よへいです。

 

前回は、よへいの高校生のときの話でした。

 

www.yohei-syugyo.com

 

今日は、大学に入ってからの体験をお伝えしようと思います。

具体的な時期は【大学1年の4月~8月】です。

 

 

前回のあらすじ

高校時代のよへいは、東北大学を目指して勉強に励んでいました。

 

しかし、成績は圧倒的に足りません。

 

よへいは苦しみつつも勉強を重ね、センター試験の直前の模試で高得点を叩き出します。

 

これで調子に乗ったよへいはセンター試験の勉強を放棄」します。

 

その結果、センター試験では壊滅( ;∀;)

 

志望校を下げて、なんとか今の大学に合格することができたものの、よへいの頭には「高得点を出した模試」が印象に残ってしまいます。

 

「俺はまだ…できるんだ!!」

 

こんな感情を持ったまま大学に入学します。

 

 

大学1年 4月 大学生活をenjoyしようとする

よへいは、4月の段階では「仮面浪人」を決めていませんでした。

 

当たり前ですが、すでに入学金は支払っています。

しかもアパートの契約・奨学金・生協までも、ほとんど全ての契約を済ませていました。(よへいは地元を離れて一人暮らし)

 

つまり、すでに【引き返せない状態】にあったのです…

 

「俺は1番になって、大学院でリベンジするんだ!!」

 

こう思うしかありませんでした。

 

とは言うものの、大学生になったら、勉強に専念する気は全くありませんでした。

 

当時の大学生のイメージは、

夜中まで遊んで

「うぇ〜〜〜〜〜い」

 

今となっては、夜中に騒ぐやつに殺意を抱きますが

当時のよへいは、「うぇ〜〜〜〜〜い」に憧れていました(ノД`)

 

そんな訳で、四月のよへいは環境づくりに専念しました。

  • とりあえず片っ端から人に話しかける
  • いろんなサークルに入ってみる
  • 部屋をおしゃれにする
  • 料理を頑張ってみる

などなど。四月はめちゃくちゃ頑張った気がします。

 

しかし残ったのは「虚無感」

 

こんな感じで四月が終わります。

 

 

大学1年 5月 仮面浪人を決意する

四月に頑張ったよへいは「2つのサークル」に所属します。

 

当時のよへいは、

「徹底的に楽しめば、受験なんか忘れられる!!」

こんな風に思ったのでしょう。

 

しかし後々、【サークルの掛け持ち】が自分の首を絞めることになります。

 

入学して1ヶ月経ったため、ある程度は生活に馴染んできました。

しかし授業に出ていても、サークルをしていても、家に帰ると「虚無感」に襲われました。

 

「東北大だったら、もっと楽しめていたのになぁ」

「もっと良い環境にいれたのになぁ」

 

こんな風に、今の大学と東北大の【比較をしてしまった】のです。

 

こうなってしまっては、何もやる気が起きませんでした。

 

「この生活があと4年続くのか…」

 

 

 

 

そんな日々が続く中、よへいはある日、TSUTAYAに出かけました。

TSUTAYAで目に入ったのは、よへいが高校生の頃使っていた「参考書」でした。

 

気がつくと、よへいは家に帰っていました。参考書を買って。

 

参考書を開いて勉強をしてみると、大学生活で最高の【充実感】を感じます。

 

「やっぱり、俺は受験がしたいんだ!!!!」

 

今まで、受験から目を背けていたよへいは、やっと自分の気持ちに気がつきます。

 

とは言っても「仮面浪人」をすることは簡単ではありません。

  • 単位
  • お金
  • 人間関係

などなど、不安要素が沢山あったからです。

中でも「親への申し訳なさ」がダントツでした。

 

よへいの実家は、これ以上にないくらい貧乏です。

そんな環境でも、嫌味を1つも言わず、よへいを大学に進学させてくれたのです。

ですが、当時のよへいは【諦められませんでした】

 

5月の終わり頃、よへいは親に電話をかけます。

 

よへい「俺、やっぱり東北大学に行きたい」

 

親「….」

 

親「わかった。」

 

本当にこんな感じです。

親は、一切の反論なしで「仮面浪人」を認めてくれました。

 

そんな訳で、よへいは、5月の終わり頃から【仮面浪人】を決意します。

 

 

 

まず行ったことは、模試の計画。

 

予備校に通えるお金がなかったため、すべて自分で勉強しなくてはなりません。

そこで大切なのは【模試】

 

自分の立ち位置を常に意識しないと、合格は不可能だと思ったからです。

 

よへいは、ネットから全統模試の案内を取り寄せました。

f:id:yohei_physics:20190222153153j:image

 

模試を一回受けるのに、6000円程度かかります。

そこで、なるべく重要な模試だけを受けることにしました。

f:id:yohei_physics:20190222153136p:image

河合塾の模試にした理由は

  • 難易度が標準的
  • 母数が多いため、一番信用できる

と考えたからです。

 

また申し込み期限が過ぎていたため、はじめに受ける模試は、【2ヶ月後のマーク模試】に決めました。

 

ここから、よへいの仮面浪人(地獄)が始まります。

 

 

あとがき

今考えても、よへいはガキでしたね〜

 

今の大学に入ると決めたのも全て自分の意思なのに、入ってすぐ辞めたいと言い出しました。

 

親には本当に頭が上がりません(´;ω;`)

 

ここから自立しないとですね

 

 

とりあえず、今日はここまで!

よへいでした。

 

[続きはこちらから!]

 

www.yohei-syugyo.com

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました