【失敗談】よへいと仮面浪人 part4「大学1年の夏休み(8~10月)」東北大オープン模試

どうも、よへいです。

 

今回は仮面浪人の失敗談のpart4として、大学1年の夏休みについてお伝えします。

 

前回を見ていない方はこちらから!

 

www.yohei-syugyo.com

 

前回までのあらすじ

仮面浪人を決めたよへいは、大学と並行して受験勉強を進める。

 

大学のテストは1科目落とすものの、過去問をフルに活用しなんとか乗り越える。

 

大学のテストが終わると、約2ヶ月もの待望の「夏休み」を迎える。

 

 

夏休みの過ごし方

地元に帰省する

大学の前半を乗り越え、待ちわびた「夏休み」を迎えます。

 

大学の夏休みは長いです。約2ヶ月。

そこで、よへいはすぐに実家に帰ります(`・∀・´)

 

大学1年生は夏休み中に大学に行くことは少ないです(教師志望でない限り)

 

 

そのため、多くの人は

  • 自動車の免許をとる
  • バイト
  • サークル
  • 集中講義(教師志望)
  • 遊び

などで夏休みを過ごします。

 

ですが、仮面浪人を覚悟したよへいは

 

毎日10時間以上の勉強を覚悟します

 

待ち構える模試たち

夏休み中に、よへいを待ち構える模試は2つ。

  1. 全統記述模試
  2. 東北大オープン模試

どちらも二次試験向けの模試ですが、特に【オープン模試】は重要です。

 

オープン模試とは、難関大学の二次試験の形式にフィットさせて作った模試のこと。

出題形式・難易度・問題傾向などを似せて作られています。

 

一方、全統模試は大学ごとに合わせて作っていません。そのため、あくまで参考程度にしかなりません。

 

仮面浪人をする場合、すべての模試を受けるのは時間的にも金銭的にも厳しいです。

どれを受けるか迷った場合、もっとも信用のできる「オープン模試」は必ず受けるようにすべきだと思います。

 

 

第一回 東北大オープン模試

仮面浪人(または宅浪)の方は、自分で模試を申し込まなくてはなりません。

 

「〇〇模試」で検索すると、申し込みページが出てきます。

 

f:id:yohei_physics:20190228110459j:image

 

申し込みが完了すると、完了メールが届きます。

 

申し込みの時に「学校コード」を入力する必要があるのですが、高校側に知られたくなかったので【学校不明】を選択。

 

仮に、打ち込んでも高校に連絡はいかないと思いますが念のため…

(どのみち高校には、書類関係で連絡する必要があります)

 

 

夏休み中の勉強

夏休みに使った参考書をご紹介します。

 

数学

・1A2B 「黄色チャート」

新課程チャート式解法と演習数学1+A

新課程チャート式解法と演習数学1+A

 
チャート式解法と演習数学2+B

チャート式解法と演習数学2+B

 

 

難関大学を目指す方の多くは「青チャート」を使っているそうですが、よへいは数学が非常に苦手だったので「黄チャート」を使いました。

 

ですが、個人的にチャートはミスだったと思います。

理由は簡単、「量が多すぎるから」です。

 

基礎は大切ですが、時間の少ない仮面浪人には適していないと思います…

 

夏休み中で達成率は7割くらいでした。

 

 

・数学3 

合格る計算 数学III (シグマベスト)

合格る計算 数学III (シグマベスト)

 

数3は微積の計算がメインだったので、計算だけに特化したこちらをチョイス。

 

微積以外も入ってますが、よへいは微積だけをやりました。

 

 

物理

 物理のエッセンス

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

 
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

 

 

これは本当に名著です。

 

正直、これだけでも偏差値60超えます(実体験)

 

夏休みまではこれで復習しました。

 

化学 

 旺文社シリーズ

鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)

鎌田の理論化学の講義(大学受験Doシリーズ)

 
福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

福間の無機化学の講義 三訂版(大学受験Doシリーズ)

 

 

 重要問題集

実戦化学重要問題集ー化学基礎・化学 2019

実戦化学重要問題集ー化学基礎・化学 2019

 

 

教科書捨ててしまったので、旺文社のシリーズでinput→重要問題集でoutputしました。

 

 

他の教科

国語・地理・英語はほとんどやりませんでした。

 

というより理系科目に時間をかけすぎて、できませんでした(´;ω;`)

 

 

東北大オープン模試の返却

東北大オープン模試のみ、夏休み中に返却されました。

結果

f:id:yohei_physics:20190225104714j:plain

f:id:yohei_physics:20190225104705j:plain

 

センター B判定

二次 B判定

総合 B判定

 

オールB判定

 

現役時との比較

現役時に受けた結果がこちらです

f:id:yohei_physics:20190225104702j:plain

 

点数(現役→仮面)

英語  32 → 44

数学  40 → 75

物理  22 → 44

化学  38 → 56

 

 判定

現役 D → 仮面浪人 B

 

 

表面上は上がっていますが、第一回のオープン模試は範囲が狭いです。

 

これを考えると浮かれるのはNGです。

 

ですが、当時のよへいは

 

「よっしゃあああああああ!!」

「もっと勉強頑張るぜええええ」

 

初めて最低判定から抜けたよへいは、よっぽど嬉しかったのでしょう。

むしろ、勉強のやる気が出ました。

 

あとがき

仮面浪人である以上、夏休み中は”勉強”をしなくてはなりません。

 

地元に帰省した友達がいても、勉強メインです。

 

予備校などに通っていれば、周りの雰囲気もあるためモチベーションが保てるはずです(逆にプレッシャーで辛いかも)

 

その点、仮面浪人では周りに同じ環境の人がいないため、モチベーションの維持が大変でした。

 

 

 

次回から、夏休み明けの大学生活に戻ります。

 

成績が下がる模試。

 

時間が削れて、迫ってくる本番。

 

よへいは、大学の勉強と受験勉強をどう切り抜けるのでしょうか。

 

続編をお待ちください。以上、よへいでした!

 

[続きはこちらから!]

www.yohei-syugyo.com

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました