【失敗談】よへいと仮面浪人 part5「模試ラッシュと二次対策」 大学1年の10月

どうも、よへいです。

 

今日は、よへいと仮面浪人part5として「大学1年の10月」の生活をお伝えします。

 

前回を見てない方はこちらから!

 

www.yohei-syugyo.com

 

前回までのあらすじ

8月~10月の夏休みの期間に、よへいは毎日10時間以上の勉強を続ける。

 

長時間の勉強の結果、模試での成績はオールB判定をとる。

 

結果に満足したよへいは、さらに基礎の勉強を進める。

 

そして、よへいの夏休みは終わりを迎える。

 

大学生活

授業を削れるだけ削る

10月に入って、夏休みが終わった頃のよへいの心境はもう決まっていました。

 

「俺はこのまま残りたくない。絶対、東北大に合格する!」 

 

この時すでに、今いる大学に残りたい気持ちは全くありませんでした。

 

ですが、落ちたときの未来が怖くなったよへいには、休学をする勇気がありませんでした。

 

この時期にネットで、仮面浪人のブログをたくさん読んでましたが、受かっている人の多くは大学を休学していましたね…

 

仮に休学したら、ストレートに進級できる可能性はほとんど0に近いので、留年とほぼ変わらないわけです。

 

まあ、どのみち【進級すること】が親との約束だったので大学には通わなくてはなりませんでした( ;∀;)

 

そんなわけで、よへいは「授業を極限まで減らす」ことにしました。

 

ぶっちゃけ必修さえ落とさなければ、あとで巻き返しが可能だからです(2年以降がキツイ)

 

サークルに行かなくなる

勉強時間を確保したいよへいは、2つ掛け持ちしていた「サークル」に行かなくなります。

 

サークルに行かなくなる人は頻繁にいるので、 途中から来なくなる事は、そこまで珍しいことではありません。

 

ですが、戻り場所を確保しようとするのは至難の技です。

 

はっきり言います。仮面浪人で一番キツイのは人間関係です。

 

仮面浪人を本気でするのであれば、1年生の間は少数の人間関係で止めておく事を推奨します(友達0はやめたほうがいいけど…)

 

 

勉強時間

授業を減らしたおかげで、毎日6時間くらいは勉強時間を確保できました。

 

ですが、ここらへんからメンタルが病んできます

 

授業が終わったら、すぐに帰宅して勉強。

 

あと、「いつも家帰ったら何してんの?」と聞かれたときの反応に困ってました。

 

仮面浪人を打ち明けるかどうかで苦しんだ時期です( ;∀;)

 

 

仮面浪人の受験勉強

受ける模試

2学期に入ってから、残る模試は4つです。

 

10/16 第3回全統記述模試

10/23 第3回全統マーク模試

11/6 第2回東北大オープン模試

1/27 全統センター試験プレテスト

 

前回も言った通り「東北大オープン模試」を最重視していました。

 

この時期は模試の間隔が近くて、いわゆる「模試ラッシュ」の時期です。

 

勉強計画

大学が始まったため、夏休みのように勉強時間が確保できません。

そこで、入念な勉強計画を立てる必要がありました。

 

二次試験の対策をしっかりとする

東北大は、二次試験の配点が大きいです。

数学 300

理科 300

英語 200

800点/1250点が二次試験の配点です。

 

二次試験では6.5割〜7割が合格の基準。

また、よへいは理科が得意で、数学が苦手だったので、

  • 数学→5~6割を目指す
  • 理科→7.5割を目指す
  • 英語→7割を目指す

このように目標設定をしました。

 

夏休み前までは基礎しかやっておらず、二次力がゼロだったよへいは、10月は二次試験の勉強に全力を注ぎました。

 

センターを軽くみない

現役時のよへいの失敗は「センター試験を甘く見たこと」です。 

www.yohei-syugyo.com

 

東北大ではセンター試験8割以上を目指す必要があります。

 

そこでよへいは「第2回 東北大オープン模試(11/6)」が終わるまでは、二次試験の対策をします。

しかし、その後はセンター試験の勉強のみをする事に決めました。

 

 

模試の結果

9月に受けた「第2回全統記述模試」の結果が返却されました。

第2回全統記述模試

f:id:yohei_physics:20190228110451j:plain

f:id:yohei_physics:20190228110507j:plain

 

偏差値 65.1 

判定 A

 

おそらく問題の相性が良かったのだと思います。

 

初めてのA判定で「完全に浮かれます」

 

ちなみに、これが成績のピークでした。

 

このあと現役生にどんどん追い抜かれていきます…

 

あとがき

仮面浪人はとにかく人間関係が面倒くさいです。

 

なので、夜な夜な高校時代の友達に電話しまくってました(ノД`)

 

とはいえ、仮面浪人という選択した以上は、ツラいなんて言える立場ではありません。

まあ、自業自得なわけで。。。

 

 

 

次回から、模試ラッシュに入ります。

 

二次試験の勉強を進めるも、現役生との差が減っていきます。

 

下がる点数、増え続けるストレス、仮面浪人の最大の山場が近づきます。

 

次回もお楽しみください。以上、よへいでした!

 

続きはこちらから!

www.yohei-syugyo.com

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました