人間関係で悩まない!コミュ障でもすぐできる「5分ルール」がいい感じ

人脈増やしたい。どうも、よへいです。

 

皆さんの中には「人脈が狭くて…」「友達が少ない…」などの悩みを感じている人はいませんか?

 

人脈を増やすベストな方法は「トップ型ギバー」になることだそうです。

 

今日は、トップ型ギバーになるための方法【5分ルール】をご紹介します!

 

さらに嬉しいことに、トップ型ギバーになると

  • 人間関係が良好になる
  • 人生で成功しやすい

などのメリットも!

 

[参考]

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

 

 

 人間関係のタイプを知る

f:id:yohei_physics:20190121132420j:plain

 

人間は3種類に分けられる

人間関係を構築する人は3種類に分けることができます。

  1. ギバー(与える人)・・・見返りを求めず、人に惜しみなく与える人
  2. マッチャー(中間のタイプ)・・・損得を考えて、ギブ&テイクをする人
  3. イカー(奪う人)・・・自分の利益を真っ先に優先する人

 

長期的にみて1番成功しやすいのは「ギバー」

上で見たように、人間のタイプは3種類あるわけですが、どれが1番いいタイプなのでしょうか?

 

アダム・グラント教授によると結論はこうです。

 

  • 短期的にみたときに有利なのは「テイカー」
  • しかし、長期的にみたときに1番成功しやすいのは「ギバー」

 

自分勝手な「テイカー」は、だんだんと疎外されていくような気がしますからね…

まあ納得の結果です。。。

 

ギバーには「トップ型」と「ボトム型」がいる

長期的に成功しやすいギバーですが、ギバーには2種類のタイプ「トップ型」「ボトム型」がいます。

 

ボトム型ギバー

ボトム型ギバー・・・どんな人に対しても、自分の知識や情報を与える

トップ型ギバー

トップ型ギバー・・・与えるべき状況を自分で判断して、より良い人間関係を作る

 

人間関係をよくするには「トップ型」を目指せ!

ボトム型とトップ型のどちらがより成功しやすいのでしょうか。

 

結論は「トップ型ギバー」が成功しやすいのだそう。

 

ボトム型ギバーは、状況に構わず自分の時間・情報をむやみに与えるので成功に繋がりにくいとのこと。

 

う〜ん。納得。

 

成功したいなら、いい人間関係を作れる「トップ型」ギバーを目指すのが良いみたいです。

 

トップギバーになる方法→「5分ルール」

f:id:yohei_physics:20190307154438j:plain

ではどうすれば「トップ型」ギバーになれるのか。

 

トップ型ギバーになるには、与えるタイミングを判断しなければなりません。

 

そこで使うのが「5分ルール」です。

 

「5分ルール」に従えば誰でも「トップ型」ギバーに近づけます。

 

「5分ルール」の条件とポイント

5分ルールの条件は以下の通り。

  • 相手に何かできるチャンスが目の前にある
  • それが5分以内にできることなら、迷わず行う
  • 5分以上かかりそうなら、きっぱり断る

 

チャンスを探す必要はありません。 

 

目の前にチャンスがあったときに【5分以内に手助けできるものならやる】だけでトップ型ギバーを目指せます。

 

「5分ルール」のメリット

心理的な負荷が少ない

引き受けるものはどれも「5分以内」にできるため、心理的な負担が小さいです。

 

迷わず行動できる

5分ルールでは、「する/しない」の判断基準か明確です。

判断基準が明確だと、迷うことなく、すぐ行動に移せます٩( ‘ω’ )و

 

価値ある関係が築ける

人は何かをしてもらうと、何かを返したいという「返報性の法則」が働きます。 

すると、相手と築く関係がより深いものになり、価値ある関係になります。

 

まとめ

今日のポイント

  • 人間関係を良好にしやすいのは「ギバー」
  • 中でも、一番成功しやすいのは「トップ型」ギバー
  • トップ型ギバーになるには「5分ルール」が便利

 

よへいも5分ルールを使って、トップ型ギバーを目指そうと思います(`・∀・´)

 

皆さんもお試しください!以上、よへいでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました