【意外】なぜ「悪い夢」を見るのか?その理由は”記憶の消去”にあった!

どうも、よへいです。

 

「悪い夢」を見た朝は、とてもイヤな気持ちになります。

 

しかし現代の睡眠学では、悪い夢は「記憶の整理がしっかりしている」サインなのです!

 

詳しくは続きをご覧ください!

 

 

 

 

悪い夢を見たけど、これってストレス?

f:id:yohei_physics:20190311213159j:plain

夢の内容と精神状態は関係ない!

悪い夢を見ると、なんだか不安になりませんか( ;∀;)

 

「俺、疲れてんのかなぁ…」

 

「最近ストレス溜まってんのかな…」

 

ですが、ご心配なく。

 

現代の睡眠学の中では「夢の内容と精神状態は関係ない」というのが常識だそうです。

 

「単なる悪い夢」なら心配いらない

特殊な装置を使った最新の研究によると、我々は

 

「睡眠の最後の20秒程度しか記憶していない」

 

ことがわかっています。

 

つまり、私たちが「悪い夢だった…」と感じた夢の内容や感覚は、それほど深刻に気にする必要はありません。

 

「単なる悪い夢」はOK。「悪夢」はNG!

しかし、悪い夢の中でも「目が覚める夢」には気をつけましょう。

 

具体的には

  • 大声を上げて目が覚める
  • 汗をびっしょり書いて目覚める
  • 心臓がドキドキして目が覚める
  • これらの症状が2週間以上続く

このような夢は、医学的に「悪夢」と定義されます。

 

上のような症状に当てはまらない場合は「単なる悪い夢」です。心配いりません。

 

 

悪い夢を見たらポジティブに捉えよう!

f:id:yohei_physics:20190311212953j:plain

「悪い夢」の意味は”記憶の消去”

近年では、悪い夢に役割があることが分かっています。

 

それは、「不要な記憶の消去」です。

 

どうして「悪い夢」を見るの?

人間は、出来事と一緒に「感情」も記憶します。

 

例えば、失敗した際には「自分はダメなやつだ」といった感情を記憶します。

 

しかし、これは本当のことではありません。いわば脳が勝手に作り出した「余分な感情」です。

 

私たちは、睡眠中にこの「余分な感情」を消去しようとします。

 

実は、この消去作業中に「悪い夢」をよく見ることが分かっています。

 

寝ると、気持ちがスッキリするのは、これが関係していたんですね٩( ‘ω’ )و

 

「悪い夢」を見たらラッキー

前述の通り、悪い夢は「余分な感情」の消去の証です。

 

つまり、朝起きて「ああ悪い夢だった…」という状況にあったら、

 

「脳がすごく働いてくれたんだ\\\\٩( ‘ω’ )و ////」

 

と考えられます。

 

悪い夢を見たら、むしろラッキーなのです!

 

あとがき

よへいも先日、橋から落ちる夢をみました(ノД`)

 

ついつい「最悪の朝だ…」と考えてしまいますが、これからは「よっしゃ!体調バッチリや!」と考えられます。

 

できることなら…見たくないけどw

 

素敵な朝を過ごしましょう!以上、よへいでした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました