【大学院対策シリーズ】DaiGo式の勉強法をアレンジして、院試対策を始めるぞ! <第1回:教材と手順>

どうも、よへいです。

 

「勉強法を学んだけど…何をすればいいか分からない!」

 

こんな方、ご安心ください。

 

 今日から、よへいが「DaiGo式勉強法」を使って、大学院試験の勉強を進めていきたいと思います。

 

ポイントをまとめているので、絶対参考になると思います(自信あり)

もちろん、どんな勉強にも使えます!

 

詳しくは続きをご覧ください。

 

物理学科よへいが、院試対策で使用する参考書

参考書はマセマ3冊

まずは、院試で使う専門科目を復習しようと思います。

 

そこで、使う参考書はこちら!

f:id:yohei_physics:20190314093339j:image

  • マセマ 熱力学 キャンパスゼミ
  • マセマ 電磁気学 キャンパスゼミ
  • マセマ 解析力学 キャンパスゼミ

 

どうして、この参考書なの?

マセマは、数学や物理を学ぶ大学生に有名な参考書です٩( ‘ω’ )و

 

なんと言ってもこれ以上ないくらい、丁寧に優しく解説されているのが魅力。

 

どうして、こんなに優しい参考書を選んだかって??

 

「なにも覚えてないから(`・∀・´)」

 

2年生で習った科目ですが、何をやったか記憶がありません…(バカ)

 

つまり、ゼロからのスタートということです。

 

DaiGo式のポイントで、勉強の効率を最大まで引き上げる

ゼロからのスタートなので、なるべく効率は上げたいところ。

 

そこで、実践するのが「DaiGo式の勉強法」

 

よへいは、今までDaiGoさんの動画や本を見て調べてきました。

 

その中でも、すぐに使えて、効果の高いものを使っていきます!

 

<DaiGo式:ポイント1>机を片付けて、集中力を上げる!

f:id:yohei_physics:20190314093344j:image

まず、机を片付けます。

 

ポイントは目に邪魔な情報を入れないこと。

 

リモコンや関係ない本などは、見えないところに片付けます。

 

特にスマホは”機内モード”で視界の外に出しましょう。

スマホを見るだけで、集中力が下がる)

 

<DaiGo式:ポイント2>水分はこまめにとる!

f:id:yohei_physics:20190314110641j:plain

集中力を維持するには「こまめな水分補給」が必要です。

 

www.yohei-syugyo.com

 

具体的には20分おきに水分を取ることです。

 

その時に血糖値を急に上げる甘い飲み物は避けましょう。

つまり、

  • 水(or 炭酸水)
  • お茶
  • コーヒー(無糖)

あたりがベスト。

 

<DaiGo式:ポイント3>タイマーで時間を設定する!

f:id:yohei_physics:20190119142910j:plain

時間を区切って勉強することで、集中力を維持できます。

 

人によって、持続する集中できる時間は違いますが、よへいの場合は

  • 25分の勉強
  • 5分の休憩

を1セットとするポモドーロテクニックを使っています。

 

f:id:yohei_physics:20190314093325p:image

 

<DaiGo式:ポイント4>休憩の5分は、「歩く」or「ぼーっとする」!

f:id:yohei_physics:20190314111240j:plain

人間の脳は、「集中モード」と「リラックスモード」を切り替えています。

 

記憶を定着するためのポイントは次のとおり。

  • 集中モードで、がっつり勉強する
  • リラックスモードで、がっつり休む(脳を使わない)

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

www.yohei-syugyo.com

 

そこで、先ほどのタイマーの例で行うと

  • 25分めちゃくちゃ集中する
  • 休憩の5分は、歩くorぼーっとする
  • このサイクルを繰り返す

これで完璧です。

 

ちなみによへいは、5分の休憩を「ステッパー」を使って歩いています。

f:id:yohei_physics:20190314103732j:plain

 

 (これの黒です)

 

正直高いですが、めちゃめちゃ便利です( ;∀;)

 

もちろん、家の中を歩くのでもOK!

 

次回予告

次回は、実際に勉強中のテクニックをご紹介します。

 

ぜひぜひ参考にしてください\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

以上、よへいでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました