【コルチゾールが減る】たった14秒の簡単なストレス解消法「ポジティブ・メモリーズ」 

どうも、よへいです。

 

ストレス対策といえば「運動」や「瞑想」が有名ですが、いますぐストレス解消したい!という時には不向きです。

 

そんな時には、たった14秒でできるストレス発散法「ポジティブ・メモリーズ」というテクニックがおすすめです!

 

 

【14秒】簡単なストレス対策「ポジティブ・メモリーズ」

f:id:yohei_physics:20190327220050j:plain

数あるストレス解消法の中で、もっとも即効性が高い!とされているのが「ポジティブ・メモリーズ」という方法です。

 

やり方は非常にシンプルで、

  • 「楽しかったこと」を14秒だけ思い出す!

たったこれだけです。

 

「簡単すぎて効果がないんじゃない?」と不安になる方も多いかと思います。ですが、ご安心ください。

 

研究によって、ポジティブな記憶を思い出だけで、ストレスが大幅に減る!ということが科学的に証明されています。

  

具体例は後半で説明するよ!

 

楽しい記憶はストレス物質「コルチゾール」を減らす

f:id:yohei_physics:20190313113312j:plain

アメリカのラトガース大学の、男女134人を対象とした実験を紹介します。

 

まず、被験者の手を氷水に浸して「精神的ストレス」を与えた後に、以下の2グループに分けてストレス耐性を調べました。

  1. 「楽しかったこと」を思い出してもらったグループ
  2. 「普通のこと」を思い出してもらったグループ

 

要するに、どういう記憶を思い出すとストレスを感じくくなるのか?を調査したんですね。

 

その結果、次のことが分かりました。

  • 良い記憶を思い出すと、ストレス物質「コルチゾール」の分泌量が減る!

 

ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモン物質が分泌されます。 これに対処するには良い記憶が有効なんですね。

 

言い換えるなら、ポジティブな記憶でストレス耐性がアップする!ということなので、ストレスフルな人にはうってつけの方法ではないでしょうか。

  

記憶の内容で、体質自体が変わっちゃうのか!

 

思い出すことはポジティブであればOK

f:id:yohei_physics:20190327220237j:plain
このテクニックのポイントは1つで、

  • 思い出す記憶は、自分にとってポジティブなことを選ぶ!

ということです。

  

例えば、

  • テストで100点をとって嬉しかった!
  • 今日の運勢が1位だった!
  • お店で食べたステーキが絶品だった!
  • 先週の旅行が楽しかった!

など探せばいくらでも出てくるはずです。

 

いい記憶というと、何か大きなものをイメージしますが気にしなくて大丈夫です。小さなものでも良いので、心から楽しいと思った記憶を選ぶのがコツになります。

  

「今日はいい天気だった!」くらい軽くてもOKだよ

 

【あとがき】

でもストレスを感じた時に、すぐにポジティブな記憶を思い出すのって結構難しいんですよね。意外にでてこない。

 

ポジティブなことだったらなんでもOKなので、1日を楽しんで「良い思い出」のストック数を増やすのが良さそうです。

 

例えばラーメンを食べるにしても、心から味わって、

  •  「黄金のスープ。そして完璧なちぢれ麺。あぁ昨日食べたラーメン美味しかったなぁ」

と思い出せるようになると、良い記憶がすぐに溜まっていきます。

 

それでもまだまだストレスがとれない!とお悩みの方。そんな場合に参考になりそうな記事をまとめてみました。合わせて行うことで、さらなる効果が期待できます!

 

  • 落ち込み・プレッシャーには「あるある化」で対処する

www.yohei-syugyo.com

 

  •  ストレスを味方にして行動力をアップさせる方法

www.yohei-syugyo.com

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました