【呼吸法】忙しいとき、集中力が欲しいときの裏技!立ったままでも出来る「数える呼吸」

どうも、よへいです。

 

「忙しい!」と感じることが多い人は、 

  • 朝はバタバタして準備している
  • 仕事や学校でも、やることに追われている
  • 休憩時間もスマホをいじってホッとする時間がない

など、心当たりがあるのではないでしょうか。

 

このような方に共通しているのが、

  • 運動をしているわけでもないのに、息づかいが浅く、心が休まらない

という症状です。

 

この症状に心当たりがある場合は、「呼吸」に目を向けることで、心の状態を改善することができます。

 

中でも効果的な「数える呼吸法」をご紹介します!

 

 

「数える呼吸」はメンタルを改善するトレーニング  

「数える呼吸」のやり方

f:id:yohei_physics:20190327220050j:plain

数える呼吸は、メンタルを強くする「心の筋トレ」と呼ばれています。

 

この呼吸法でメンタルを鍛えることで、多少のストレスではビクともしない強靭なメンタルを作ることができます。

 

数える呼吸の手順

  1. 背筋を伸ばして、1点を見つめる
  2. ゆっくりと息を吐く
  3. 息を吐ききったら、2~3秒だけ呼吸を止める(鼻or口)
  4. 力を抜いて自然に息を吸う(鼻)

 

これで1ステップです。この手順を「数えて」10回を目安に繰り返します。

 

本書によると、

  • 吐くときは「しっかりと」吸うときは「自然に」を意識する!

というのが基本みたいです。

 

息を吐く→止める→息を吸う、の3ステップだよ!

 

数える呼吸の3つのポイント

f:id:yohei_physics:20190301114204j:plain

数える呼吸のポイントは3つあります。

 

数える呼吸のポイント

  1. 息は吐くところからスタートして、毎回吐き切ること
  2. 息を吐くときは「ゆっくり」「細長く」を意識すること
  3. 「呼吸の回数」を数えることに集中すること

やってみると分かりますが、すごい頻度で雑念が浮かんできます。

 

仮に「お腹すいたなぁ」などの雑念が浮かんできたら、受け流して、呼吸を数えることに意識を集中することが大切になります。

 

回数が分からなくなっても、リセットせず、分かるところまで戻ればOKです。

  

「息をはくこと」からスタートっていうのも注意してね!

 

数える呼吸のメリット

メリット1:自制心や集中力がUPする

f:id:yohei_physics:20190823132544j:plain

数える呼吸をすることで、

  • 自制心が鍛えられて集中力UPにつながる!

というメリットがあります。

 

数える呼吸では、雑念に負けず「呼吸の回数を数える」という作業を行います。これが自制心のトレーニンになっています。

 

雑念を受け流すのはかなり大変ですが、これをできるようになると誘惑に惑わされない強靭な集中力を手にいれることができます。

  

瞑想で集中力が上がる!っていうのも同じ理由みたいだよ。

 

メリット2:「忙しい」感覚がなくなる

f:id:yohei_physics:20190528220114j:plain

この呼吸法は、常に忙しさを感じる人に効果抜群です。

 

なぜなら、

  • 数える呼吸で「忙しい」感覚がなくなる!

と言われているからです。

 

そもそも、忙しいという感覚は【目の前のこと以外を考えている状態】から生じます。

 

やることが山ほどあると、焦りで頭がいっぱいになります。この思考が「忙しい」という感覚につながってしまうんだそうです。

 

数える呼吸で、呼吸の回数という1つのことに集中するトレーニングを積むことで「忙しい」を攻略することができます。

  

本番前とかの緊張するときにも効果ありそう!

 

【あとがき】忙しさで困っている方におすすめの記事

数える呼吸は、今流行りの「マインドフルネス瞑想」に近いため、瞑想にハードルの高さを感じる方は呼吸法から入るのがおすすめです。

 

瞑想は座るのが基本でやりたい時にできないのが辛いところ。その点、呼吸法なら状況に関係なく出来るので便利ですよね!

 

加えて、焦りやプレッシャーの対策をする場合におすすめの記事をまとめてみました。数える呼吸と合わせて行うと効果倍増です。

 

  • 食事中にメンタルを改善する「食事瞑想」

www.yohei-syugyo.com

 

  • 【時間で選べる 】焦りはストレス対策で解決できる

www.yohei-syugyo.com

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました