大きな選択のときは「未来」を想像するのがポイント!合理的な判断ができるテクニック「10-10-10」

選択術

どうも、よへいです。

重要な決断をするとき、結局決められずなんとなくで決めてしまった…という方も多いのではないでしょうか。

もしも大きな決断に迫られたときは「未来」との繋がりを意識することで、納得のいく選択を選ぶことができます

スポンサーリンク

後悔しない選択のコツは「未来を想像する」こと!

合理的な選択をするためには「未来」を考えると良いということが研究で分かっています。

つまり、何かを選択するときは

  • この選択は、未来にどんな影響を与えるのだろう?

と考える癖をつけることが後悔しない選択のポイントです。

どうして未来を考えると、いい判断ができるのかな?

 

【研究】「近い未来」を想像すると、記憶力UP&合理的な判断ができる

ボストン大学の研究

ボストン大学の「3~5歳の子供たち」を対象にした研究を紹介します。

実験内容を簡単に説明すると、

  1. 「近い過去」「近い未来」「遠い未来」について考えてもらう。
  2. そのあとに「どれが一番合理的な判断ができるか?」をテストする。

という内容です。

研究結果:「近い未来」のグループが勝利

実験結果は、

  • 「近い未来」を想像したグループは、記憶力が上がって、合理的な選択ができた!

ということがわかりました。

未来を考えるとどうして良いの?

この結果に対して研究者は言います。

近い未来をイメージすることで、自分のあるべき姿がクリアになる

過去ではダメだし、遠すぎる未来でもダメなんですね。自分を具体的に想像できる「近い未来」を考えるのがポイントになりそうです。

これだけだと実践しにくいから、おすすめの「10-10-10」っていうテクニックを紹介するよ!

 

【実践テクニック】未来を想像して合理的な選択をする「10-10-10」

実践テクニック「10-10-10」がおすすめ!

実践として未来を想像して合理的な選択をする…なんて言われても、いまいちピンときませんよね。

そこで実践テクニック「10-10-10」(テン・テン・テン)をご紹介します。

このテクニックは、アメリカのスージー・ウェルチさんが開発したもので、

  • 未来を「短期」・「中期」・「長期」の3つで想像しよう!

というテクニックです。

【How to】「10-10-10」の実践方法

重要な何かをするときには、未来とつなげるのが大切でした。

そこで10-10-10というテクニックでは、何かをするときに、

  1. 「10分後」に自分はどう変わるか?
  2. 「10ヶ月」に自分は後悔しないか?
  3. 「10年後」に幸せになっているか?

この3つを考えて行動を選択します。そうすることで自然と合理的な判断ができる!と言われています。

10-10-10はどうして効果的なの?

製作者のジャック・ウェルチさんは次のように言います。

重要な選択をするときも、衝動や欲求、目先の利益などに影響を受けてしまいます。だからこそ、短期、中期、長期の3つの未来の視点から選択肢を見極めましょう。

単に近い未来だけを考えるんじゃなくて、未来を細かく分けて考えればもっと合理的になるんじゃない?ということのようです。

10年後の自分が一番気になるよね。後悔したくないなぁ。

 

【あとがき】大きな決断を決められない人におすすめの記事

未来を想像しても、大きな決断は簡単にはできませんよね。

そこで、少しでも決断の参考になりそうな記事をまとめてみました。

  •  複数の候補がある場合の対処法
  •  決断のテクニックをたくさん知りたい人向けの記事

参考になれば嬉しいです。

以上、よへいでした!


コメント

タイトルとURLをコピーしました