よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

たった2分で自由な時間が手に入る!?忙しいなら生産性を上げよう!

焦りは生産性を下げる。どうも、よへいです。

 

やることが多すぎて、自分の時間が作れない!

 

この感覚、実は勘違い。この勘違いから抜け出し、自由な時間を作り出すためのテクニックを学んでみました。

 


週40時間の自由を作り出すための超時間術 ~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには

 

時間がないのは勘違い!?

f:id:yohei_physics:20190117110129p:plain

やることが多くて時間がない感覚。これは皆さん感じたことありますよね?

よへいもこの感覚を常に感じています(T ^ T)

洗濯、食事、試験勉強、英語、筋トレ、プログラミング、カラオケ、ギター....etc

 

やりたいことに対して時間が足りない

→何も終わらない

→ストレス

 

という悪循環に陥っている方も多いのではないでしょうか。。。

 

しかし、この時間が足りないという感覚は勘違いのようです

 

時間が足りないと焦りを感じますね?

 

この焦りは、生産性(効率)を下げます。

 

その結果、時間あるのにないと感じているだけのようです。

 

言われてみれば、焦っている時って何も上手く行かないかも( ;∀;)

 

時間認知(時間感覚)の概念

この焦りは時間飢饉の概念に直結します。

 

時間飢饉とは、やることが多くて、本当は時間があるのにも関わらず、時間が足りないと感じることを言います。

 

これが生産性の低下に繋がるようです。

 

つまり

 

「やるべきことは多くない。意外と時間あるんじゃね?」

 

この感覚を持つことで生産性を上げられるのです\\\\٩( 'ω' )و ////

コンフリクトの概念

この時間飢饉の感覚の原因は「コンフリクト」です。

 

コンフリクトとは、したい事がぶつかってるという感覚のことです。

 

より一般的に言うなら、同時に2つのものを達成できない事。

 

例えば、

  • 遊びたいけど試験勉強したい!
  • 運動したいけどゴロゴロしたい!

 

こういうことがコンフリクトです。

 

このコンフリクトによって時間飢饉が起きるのですね...

 

よへい、めっちゃコンフリクトしてますね(ノД`)

 

時間不足から脱するテクニック

コンフリクトを防ぐためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

簡単にできるものから、本格的なものまで様々な方法が存在します。

フレーミング

f:id:yohei_physics:20181218230721p:plain

フレーミングとは、考え方を改める方法です。

 

これによって、コンフリクトが解消されます。

 

実験では、ストレスへの味方を変えました。

 

具体的には、焦ったら「自分はワクワクしているだけだと考えるだけで効果があるそうです。

 

つまり、孫悟空になれば良いわけです。オラ、ワクワクすっぞおぉおおお

 

なんとこれだけで、時間飢饉が25%解消するとのこと。

 

より効果の高い方法として、ゴールを統合する(上級)という方法があります。例えば、


甘いものが食べたい&ダイエットしたいというコンフリクトがあるとしましょう。

 

普通であれば同時に実現不可能なわけですが、ここでチートデイを設けます。

 

チートデイとは、二週間にいっぺん好きなだけ食べる日を作ることより、代謝を下げずに痩せる方法のことを言います。

 

つまり、、、、

 

チートデイに甘いものを食べれば、コンフリクト解消☆

 

 

マルチタスクをやめる

f:id:yohei_physics:20190117110239p:plain

マルチタスクは時間汚染を生み出します。

 

時間汚染とは時間が分断されることを言います。

 

つまりマルチタスクのことです。

 

マルチタスクをすると、脳にストレスがたまる。

→時間飢饉

 

という仕組み。つまり時間を分断するマルチタスクは時間飢饉を生み出しちゃうわけです。

 

怖いのは、マルチタスクって意外にも身近に存在していることです。

 

例えば、皆さん大好きLINE。

 

映画見ている最中にLINEをする人は、自ら時間汚染を起こしている・・・とのこと。

 

心当たりありませんか?(よへいです。)

 

1日に自分のゆっくりする時間を30分作るだけでもストレスが激減するみたいなので、少なくとも、自分の時間は汚染しないように注意です。 

呼吸法(or瞑想)を行う

f:id:yohei_physics:20190117110255p:plain

研究によると、約2分の呼吸法でコンフリクトによる時間飢饉の感覚が15%も減るんだとか!

 

具体的な方法は

  1. 5秒かけて息を吸う
  2. 6秒かけて息を吐く
  3. これを2分間繰り返す

たったこれだけです。

 

さらに効果を上げたかったら、

 

  • 1回の呼吸で11秒以上使う
  • 吐く時間を吸う時間の2倍にする

 

この2つに注意すると良いみたい!

 

スゥー。ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

人への親切(赤の他人でもいい)

 

f:id:yohei_physics:20190106152910p:plain

結局ストレス対策が時間飢饉の感覚を弱める訳ですが、ストレス対策には人への親切も効果的!

 

さらに嬉しいことに寿命も延びる。やっぱ、良いことはするべきですね。

 

www.yohei-syugyo.com

 

実験では、自分のために何かをするグループと、他人のために時間を使ったグループに分けました。

 

すると、他人に親切をしたグループは、自分の時間が2倍も長く感じられたそうです。

 

さらに具体的には、

  • 人のためならなんでも良い
  • 赤の他人でも良い
  • 1日15分で効果あり

とのことです。

 

焦ってる時こそ、人への親切は効果を生み出すわけですね( ;∀;)イイハナシダナー

 

何かをするときは1日単位で考える

貯金をする時に、

 

30年で老後の資金を貯めるor10950日で貯める

 

このどちらが多く溜まると思いますか?

 

実験結果は、日単位の方が4倍!!!

 

日単位で考える

→現実味が増す(プロセスが明確)

→プロセスに対する不安が減少

→ストレス解消

→モチベーションが増える

 

というカラクリ。

 

「今日は何をやるか」に注目すれば生産性UPですね! 

壮大なものを見る

f:id:yohei_physics:20190117110347j:plain

時間認知にいい感情が存在します。

 

それは畏怖感です。

 

畏怖感とは、人間ってちっぽけだなぁという感覚のこと。

 

この感情によって、時間の進みが遅く感じられるのです(°▽°)

 

さあ今すぐYouTubeで、人知を超えた動画を見ましょう!!

 

宇宙や大自然の映像をみれば生産性UPです!!

 

あとがき

次回は実践編をお送りいたします。

 

特にリフレーミングは難易度が高いみたい。

 

そこでマインドマップがオススメとのこと!

 

そこで、実際にマインドマップを作ってみようと思います( ^∀^)

 

参考になれば幸いです!

 

はっ!これこそ人への親切なのでは...!!

 

<追記>

実際に書いてみた!気になる方はこちらから!

www.yohei-syugyo.com