よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

不安や緊張から簡単に抜け出す方法はこれだ!

メンタル改善。よへいです。

 

テスト前やプレゼンの前って緊張したり、不安になったりしませんか・・・?

 

今回は、そんな場面でも緊張から抜け出す方法や、日常的に行える対策について学んでみました。

 

メンタルだけでなく、不眠やダイエットに悩んでいる方も必見ですよd( ̄  ̄)

 


3分で心の余裕を作る方法

 

焦りや不安から抜け出す方法

f:id:yohei_physics:20190117110129p:plain

 

焦りや不安はなぜ良くないのか

焦りを感じると何が良くないのでしょうか。

人間は焦りを感じると生産性が低下します。つまり物事が上手く進まなくなってしまうのです( ;∀;)

 

www.yohei-syugyo.com

 

また不安を感じている時は物事をネガティブに捉えてしまいます。その結果として、

 

→何をやっても上手くいかないと考える

→何も挑戦できない

→どうせ自分はダメなんだ

→何をやっても上手くいかないと考える

 

このような、不安のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

焦りや不安を感じている場合は一刻も早く対処法を学ばないといけません(ノД`)

 

心の余裕を作る方法はこれだ!

f:id:yohei_physics:20190127215425p:plain

人間が一番幸せだと感じるのは「コントロール感」を感じる時です。

 

俺が物事を決めている!っていう感覚ですね。これは焦りや不安を感じている時は感じることができません。

 

では、自分が物事をコントロールしているという「心の余裕」を作るにはどうすればいいのでしょうか?

 

答えは他人に感謝すること】です。

 

具体的にどうすればいいの?

人への感謝をすることで心の余裕が生まれます。

そして不安や緊張から抜け出すことが出来ます\\\\٩( 'ω' )و ////

 

DaiGoさんは具体的な方法を2つ紹介していました。

  1. 感謝日記をつける
  2. 緊張や不安を感じた時、その場で感謝できることを3つ見つける

 

 

感謝の日記が幸福度を最もあげる

f:id:yohei_physics:20190127215558p:plain

感謝する相手がいない・・・

特定の人に感謝できない・・・

人に伝えられない・・・

 

こんな風に思った方でも「感謝の手紙」なら上手に不安や緊張から抜け出すことが出来ます。

 

【日記の書き方】

☆感謝の対象はなんでもいい

☆週に一回だけ

☆3つ言葉で書き表す

 

感謝の手紙を書くのに最も良いペースは、なんと週に1回!

毎日書く必要がありません。これなら続けられそう!

 

DaiGoさんによると、たった週1回の感謝の手紙だけ絶大な効果が期待できるそうです。

例えば、

  • 不眠症の改善
  • 運動の量が増えるためダイエットが上手くいく
  • 衝動買いが減って、お金が貯まる

感謝の力って偉大ですよね〜

しかも、毎週感謝の手紙を書いてるとか格好いい!

 

ちなみに、感謝の対象はなんでもありです。

動物や世界の情勢、天候や自然、乗り越えた自分の体験にでもOK!

 

今日のよへいであれば、「ローソンの肉まんが美味しかったこと」に感謝しました。

ありがとうローソン。ありがとう肉まん。

 

大事な場面の直前にもできるぞ!

f:id:yohei_physics:20190127215545p:plain



感謝の日記は、差し迫った状況では使えません。

 

そんな時でもできるのが【会話の前にその場で感謝をできることを3つ考えるという方法。

 

その結果、

心理的余裕が生まれる

→自信のある振る舞いで説得力が上がる

 

緊張したり不安になったらその場で行えるのがポイントですね

 

緊張するのは大舞台が多いので、「誰のおかげで今この場所にいるか」を考えるといいみたいです。

 

そして、説得力が高い人には皆がついていきます。そんな方をよへ..カリスマと呼びます。

 

カリスマになるには「感謝」が必要なのですね。

カリスマは誰でもなれる (ノンフィクション単行本)

カリスマは誰でもなれる (ノンフィクション単行本)

 

DaiGoさんが紹介されていました。

 

 

あとがき

よへいは感謝日記をつけることを決めました。

 

Amazonでポチったので届いたら、直ぐに実践しようと思います。お楽しみに!