よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

【英語学習】多読の三原則が意外すぎる!「捨てる・飛ばす・投げる」

多読を試してみたい!どうも、よへいです。

 

英語学習をする上で「多読」の勉強は有名ですよね。

 

とはいえ具体的な方法がわからない...!難易度も高そうです。

 

そんな中、最近面白い本を見つけました。

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

 

この本は「英語多読」の詳しい説明をしています。

 

中でも注目だったのが多読三原則です。

 

英語多読の”多読三原則”とは

f:id:yohei_physics:20190305181810j:plain

筆者によると、英語多読をする上で重要な原則は3つだそうです。

  1. 辞書は捨てる
  2. 分からないところは飛ばす
  3. 合わないと思ったら投げる

特に辞書を引かないは「嘘だろ!?」って感じです。

 

筆者の主張はこうです

  • 日本人は真面目に和訳しようとしすぎ
  • 英語を英語のまま理解すればOK
  • 英語学習は楽しめ!

 

確かに大学まで「和訳中心」の勉強をしてきて、まともに洋書読めないですからねぇ・・・(しかも楽しくない)

 

英語多読の方法

筆者によると、多読の方法は以下の通り

  1. まずは辞書を引かなくても読めるもの(絵本)からスタート
  2. 分からない部分は無視して先に進むが、読み返さない
  3. 内容が全く分からなくなったら、本を変える(レベルを下げる)
  4. 1~3を繰り返して、徐々にレベルを上げていく

 

特に絵がある場合は、絵をじっくりと見てから文字を読むのがキモだそう。

絵で筆者の伝えたいことを90%捉えたら、残りの10%を言葉から読み取ろうとします。

 

これを繰り返していくことで、英文からだけでも絵を見たかのようなイメージが湧いてくるようになるんだそうです。

 

英文からイメージがわく例

「pull up」という表現が分からないとしましょう。

ですが「pull up」がいつも自動車が停車する場面と一緒に使われていたとしたら...?

おそらく、絵がなくても「pull up」は「自動車を停車するときに使う表現」ということがイメージでわかるようになります。

 

英語多読のメリット

f:id:yohei_physics:20190305181852j:plain

 

 筆者によると、英語多読のメリットは

  • 「読み」だけじゃなく、「書き」や「聞き」に関しても能力が上がる
  • 英会話の速度が上がる
  • 英語に恐怖を感じなくなる

とのこと。

 

多読の本質は「英語を英語のまま理解」のようで。

いちいち和訳しているよりも、英語力がつくのも納得です。

 

ちなみにTOEICは”勘”で解けるようになるんだそうですw

(和訳しないで理解できる)

 

もちろん、よへいも実践するぞ! 

ここまで多読を推されたら、よへいも英語多読をやりたくなる訳です(`・∀・´)

 

せっかく、辞書使うためにKindle買ったのに「辞書いらない」なんて...

 

www.yohei-syugyo.com

 

まあ、こうなったら大量の洋書をKindleで読んでやりましょう。

 

そんなわけで、次回は”本選び編”です。

 

[続きはこちらから!]

www.yohei-syugyo.com

 

 

多読は本当にいいのか?

よへいが実際に検証してみようと思います。

 

それでは!