よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

【英語学習】洋書の多読を始めるぞ。まずは「本選び」だ! 〜21歳、絵本に撃沈する〜

多読を始めます。どうも、よへいです。

 

前回は英語多読についての記事を書きました。

 

www.yohei-syugyo.com

 

今日は、「本選び」をして実際に読んでみようと思います!

 

英語多読で読むべき本

ものすごく優しい本から始める

英語多読」の最初は、めちゃくちゃ簡単なものからはじめるのがコツ。

  • 1冊辺り十数ページくらいまで
  • 文字は1ページに1,2行以下
  • 絵や写真などが多い

英語多読では「辞書」を使わずに読まなくてはなりません。

 

つまり最初に読むべきなのは、児童向けに書かれた絵本です。

 

避けるべき本

反対に避けるべき本は、文法や構文を教える教科書です。

 

My name is 〜 . How are you?

 

このようにネイティブ間では使わないような、不自然な英語がたくさん載っているからです。

 

よへいはKindleで洋書を読むぞ!

Kindle paperwhiteを購入した

よへいはKindleタブレットを購入しました。

 

www.yohei-syugyo.com

 

購入したのはKindle Paperwhite

f:id:yohei_physics:20190306111228j:image

お値段は普通のKindleよりも高いですが、

  • バックライト付き
  • 防水機能

が付いているので非常に使い勝手が良い感じd( ̄  ̄)

 

多読をするには、パパッと読めるようにしたいのです。

 

そういう意味では、コンパクトで充電持ちがいいKindleはアリかと(高いけど)

 

Kindle unlimitedなら大量の洋書を読める

 洋書の多読でネックになるのは「お金」

 

洋書を購入しての繰り返しだと、バカにならないくらいお金かかりますからね。

 

そこで注目したのがkindle unlimited」

 

月額980円で、大量の本が読めちゃうサービス。

 

ネットで調べてみると、それほどラインナップは充実している訳ではなさそうですが...

 

「これ読んでみたい!」と思った洋書が、ほとんど読めるのが利点。

 

よへいは気になった洋書を片っ端から読みたいので加入を決意(`・∀・´)

 

 

選ぶ本はこれだ!

洋書を読みたいと思っても、何を読めばいいかわからなかったので、ネットで洋書を探すことにしました。

 

せっかくKindle unlimitedに加入したので、「洋書 kindle unlimited」で検索

 

すると、まとまっていて良さげなサイトを発見。

 

参考にしたのはこちらのサイト。

surf-tripper.tokyo

 

ここにきて月額980円のパワーを体感( ;∀;)

 

「絵本」を実際に読んでみた

まず読んだ本は「A Bear's Story」 

 [無料で読めます]

f:id:yohei_physics:20190306111250j:image

☆圧倒的クマちゃん☆

 

何これ...すごく可愛いけども...

 

21歳になったよへいは、「クマちゃん」を楽しむことにします。

かかった時間

読むときは多読三原則に従います。

 

[多読三原則]

  1. 辞書は使わない
  2. 分からないところは飛ばす
  3. 合わないと思ったら読むのをやめる

 

ページ数は40ページ程度ですが、絵が20ページくらいあります。

 

辞書は使わず、最後まで読みきりました。

 

かかった時間は13分40秒でした。

 

f:id:yohei_physics:20190306114324p:image 

 以外に難しいんだけど...?

よへいは苦しい勉強の末、「TOEIC800点越え」を成し遂げました。

www.yohei-syugyo.com

 

流石に、絵本くらいはスラスラと読め....ない!!!

 

結構むずい( ; ; )

 

辞書を使わずフィーリングで読み通しましたが、内容にあまり自信はありません。

 

でも、和訳しないで読むとストーリーを純粋に楽しめますね٩( 'ω' )و

 

あとがき

絵本に撃沈した21歳のよへいです。

 

とはいえ、これが最初の一歩なので、どんどん多読をしていこうと思います。

 

絵本はバカにできない...!悔しい!!