よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

時間が足りない「焦り」の対処法!時間感覚を25%も伸ばす「リフレーミング」の驚きの効果

どうも、よへいです。

 

時間が足りないときに感じる「焦り」は時間感覚を歪める危険なものです。

 

そんな時間のプレッシャーには「リフレーミング」というテクニックが有効です。

 

【リフレーミング】焦った時は「ワクワクしている!」と言い換える

f:id:yohei_physics:20190327220050j:plain

時間が足りない!と感じて焦った時は「リフレーミングが有効です。

 

フレーミングは状況の解釈を変えるテクニックのことで、簡単にいうと、

  • 焦りを感じたときは「ワクワクしてきた!」と解釈すればOK

というものです。

 

このテクニックは心理学の世界では非常に有名で、

  • うつの改善
  • ストレス解消
  • 時間感覚を伸ばす

といった効果があることが分かっています。

 

焦りは思い込みで何とかなるんじゃね?という考えは、あながち間違ってはいなかったんですね。

 

【時間汚染を防ぐ】リフレーミングで「時間が長く感じる」

f:id:yohei_physics:20190328223344j:plain

アメリカで行われた実験をご紹介します。

 

この実験では「時間のプレッシャー」に悩む被験者に以下の指示を出しました。

  1. 焦りを感じたら「ワクワクしている」と声に出す
  2. セリフを3回繰り返し、言ったことを信じるように頑張る

 

結果は、

  • フレーミングを行なった被験者は、そうでない被験者に比べて「時間不足の感覚」が25%も伸びていた!

 

なんとも原始的な方法ですが効果は抜群ですね。

 

この実験から、フレーミングは「時間不足」を改善する有効なテクニックだと言えます。

 

フレーミングはどうして効果があるのか

f:id:yohei_physics:20190217130941j:plain

なぜ”思い込む”だけのリフレーミングが有効なのでしょうか。

 

研究者いわく、

  • 人間は、不安・興奮のどちらにおいても同じ反応を起こしてしまうため、脳の解釈によって「感情」が変わってしまう!

とのこと。

 

ステップで説明すると、 

  1. 不安や興奮を感じる
  2.  心拍数が上がり、次の行動の準備をする
  3. もし心拍数の増加を、悪く捉えると「不安」になり、いいものと捉えると「ワクワク」と解釈する

 

何とも信じがたい話ですが、不安でも興奮でも単に心拍数が増加するだけ!という事ですね。

 

「不安」を「興奮」に考え直すだけでパフォーマンスが向上する

f:id:yohei_physics:20190503212757j:plain

ハーバード大学の「リフレーミング」に関する実験に面白いものがあります。

 

この実験では、

  • 学生に不安になったら「興奮してきた!」と言わせてテストやスピーチをさせる

ということを行いました。 

 

その結果、

  • スピーチの評判が17%もよくなり、テストの成績も22%上がった!

 

なんと「不安」を「興奮」にするリフレーミングだけで成績が向上したんだそうです。

 

まとめると、

  • 不安を感じたら「ワクワクしてきたぞ!」と考えると、パフォーマンスがアップする!

 

大事な試合や、試験の前などにもってこいのテクニックですね。

 

試す機会が多いテクニックだと思いますんで、ビシバシ使っていきたいところです。

 

参考になれば嬉しいです。以上、よへいでした!