よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

理想の睡眠は6~7時間はウソ!?「理想の睡眠時間」の判断は【起床後4時間】に注目!

どうも、よへいです。

 

今日は「理想の睡眠時間」について勉強してみました。

 

結論から言うと「起床後4時間の状態」に注意して「自分の睡眠スタイル」を見つけるのがポイントです。

 

 

理想の睡眠時間は6,7時間とは限らない! 

f:id:yohei_physics:20190120162245j:plain

「理想の睡眠時間」の診断ポイント

 

自分にとっての理想の睡眠時間のチェックポイントはただ1つです。

 

理想の睡眠の条件
  • 起きてから4時間後に、あくび・ボーッとするなどの眠気症状が起きていない

 

7時に起きた場合は、11時に眠気を感じなければ睡眠は足りていると判断できます。

 

睡眠時間は「6~7時間が理想」というのは嘘!?

 

よくテレビなどで、睡眠時間は6~7時間が理想と言われますが、これはあくまで目安です。

 

現代の科学によると「必要な睡眠時間」は

  • 50%は「遺伝子」で決まる
  • 残りの50%は「生活習慣」で決まる

とのこと。

 

遺伝子に関しては「ショートスリーパー」がいい例ですね。

 

また、睡眠時間を多く取れない仕事についている人は、退職後も長時間睡眠ができないことがあるそうです。

 

つまり、睡眠時間は他人と比較しても意味がなく、あくまで「自分にとっての睡眠時間」を見つけることが大切です。

 

 

同じ人でも「理想の睡眠時間」は変化する

人間の睡眠時間は、人によって違う。ということは前述の通りです。

 

しかし、同じ人でも「年齢」「季節」によって理想の睡眠時間が変わります。

 

歳をとると「睡眠が短くなる」のはナゼ!?

f:id:yohei_physics:20190330105929j:plain

歳をとると「長く眠れない」というのは有名な話です。

 

この現象には科学的根拠があります。

 

歳をとると「基礎代謝」が落ちる

深く眠るためには「体力」が必要です。そのため、歳をとって基礎代謝が落ちると、深い睡眠を維持できなくなってしまいます。

 

 

 若い時に比べて、新しい情報が少ない

脳は寝ている間に「記憶」の整理を行います。

年歳を重ねて「初めてのこと」が減ると、整理する記憶も少なくなり、長時間の睡眠が必要なくなります。

 

このように、年齢によって必要な睡眠時間が自然に決まります。

 

年齢を重ねても、昔の睡眠スタイルを求めず「今の自分」にあった睡眠スタイルを探すのが重要とのこと。

 

季節によって睡眠時間が変化する!

f:id:yohei_physics:20190330105652p:plain

人間の体は「日照時間」に適応した睡眠をとるようになっています。

 

本書によると、

日照時間が長い夏季には、睡眠は短くなり、日照時間が短い冬季には、長く眠れるようになり、その差は2時間くらいあるのが標準です。

 

冬場になかなか目が覚めないのはこれが原因だったんですね٩( 'ω' )و

 

季節が変われば、必要な睡眠時間も変わるので、どの季節でも「起床後4時間の状態」にだけ注意すればOKです。

 

あとがき

理想の睡眠時間というと6~7時間のイメージが強いですよね〜

 

とはいっても、よへいは7時間くらい寝るのがバッチリ合っている感じです。

睡眠時間の目安も侮れませんね。

 

夏場はもう少し減らしても大丈夫そうな気がしますので、色々試してみたいと思います。

 

睡眠の質もあげたいよ!って方にはこちらの記事が参考になるかもです。 

www.yohei-syugyo.com

  

www.yohei-syugyo.com

 

ぜひ参考にしてください!

 

以上、よへいでした!