よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

【アラキドン酸】「牛丼」+「生卵」は脳を活性化させる食材なのか?調べてみると注意点が発覚した!

どうも、よへいです。

 

先日「大人の脳習慣」という本を読みました。

大人の脳習慣 (能力を最大限引き出す)

大人の脳習慣 (能力を最大限引き出す)

 

 

この本の【脳にいい食習慣】のページによると、

 

「牛丼で脳を活性化できる!」とのこと。

 

「値段も安く、美味しい牛丼で脳を活性化できるなんて夢の話じゃないか!」と思いまして、詳しく調べてみることにしました٩( 'ω' )و

 

 

牛丼が脳に良いのはホント!<アラキドン酸>

f:id:yohei_physics:20190405092451j:plain

牛肉には「アラキドン酸」という脂肪成分が豊富に含まれています。

 

この「アラキドン酸」は体内では生成されづらい物質で、

  • 脳の情報処理能力を高める!
  • 抗うつ効果もある!

といった効果があるみたい。

 

つまり、牛丼を食べて「脳が活性化する」というのは間違いないみたいです。

 

「牛丼」は「生卵」とセットで食べるべし!

f:id:yohei_physics:20190405092541j:plain

牛丼を食べるときは「生卵」とセットで食べるのが吉。

 

というのは、生卵にも「アラキドン酸」が豊富に含まれているからです。

 

多くの牛丼屋さんでは、「牛丼」+「生卵」のセットが普通なので、注文しやすいのもポイント。

 

味の相性もいいので嬉しいですね!

アラキドン酸はとりすぎると老化を早める

f:id:yohei_physics:20190405093119j:plain

牛丼が「頭にいい」のは本当ですが、調べていくうちに注意点が見つかりました。

 

<参考>

yuchrszk.blogspot.com

 

注意したいのが、アラキドン酸は「オメガ6系」の脂肪酸だということ。

 

簡単に説明すると、

  • オメガ6系の脂肪酸は、体内の炎症を起こしやすい!

という問題点があります。

 

これを踏まえた結論はこうです。

頭をよくするために「牛丼」ばかりを食べるのはNG!

でも、たまに食べるだけなら問題なし!

 

頭が良くなりたいなら、DHAが豊富な「青魚」を食べた方が良さそうですね。

DHAは炎症を気にしないでOK)

 

あとがき

よへいの家の近くに、某チェーン店「す○屋」があるんですが、普段は行かないんですよね。

 

行ったとしても、食べるのは「鶏そぼろ丼」

 

高タンパクでコスパ◎なので、オススメなのですが正直飽きてきたところ。

 

これからは「牛丼+卵」縛りが始まりそうです(笑)

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。