よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

絵やスポーツで頭が良くなる!?脳力アップには「空間認知能」のトレー二ングがおすすめ!

どうも、よへいです。

 

皆さんは「空間認知能」というものを聞いたことがありますか?

 

なんと空間認知能を鍛えるだけで「頭が良くなる」効果が見込めます!

 

レーニング方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

  

大人の脳習慣 (能力を最大限引き出す)

大人の脳習慣 (能力を最大限引き出す)

 

 

脳を鍛えるには「空間認知能」を鍛える必要がある!

f:id:yohei_physics:20190407112510j:plain

イメージを具体化する「空間認知能」

空間認知能は、空間のなかでの位置や形を認識するための機能のことです。

 

例えば、空間認知能は

  • 本を読んでイメージする
  • 絵を描く
  • 自転車に乗る

などの、思考や動作の際に超重要!とされています。

 

それだけでなく、空間認知能は

  • 物事の認識・判断
  • 記憶力

といった、脳を使うあらゆる場面で必要になる機能であることが分かっています。

 

空間認知能が低いと脳がうまく使えない 

空間認知脳は、思考やイメージなどの多くの場面で必要になります。

 

いわば「脳全体の機能に関わっている」機能といってもいいくらいの大切な能力だそうで。

 

筆者いわく

空間認知脳が低い人は、認識を誤ったり記憶がなかなかできなかったりする

とのこと。

 

つまり、

  • 頭が良くなりたい!
  • 仕事のできる人になりたい!

と思ったら、まずは「空間認知能」を鍛えるのがいいかもしれません。

 

空間認知能のトレーニング一覧

それでは「空間認知能」を鍛える方法を3つご紹介します。

 

紹介するトレーニングはどれも簡単なものなので、日常に取り入れやすいのがメリット。

レーニング1:スポーツや絵の趣味を持つ

f:id:yohei_physics:20190407112524j:plain

空間認知能を鍛えるためには「スポーツ」や「絵」が効果的です。

 

スポーツであれば基本的になんでもOKなのですが筆者いわく「キャッチボール」が最適だそう。

 

2つのどちらを行うにしても

  • 空間認知能をフルに使って、空間の間合いを測る必要のあるトレーニングになっている

というのがポイント。

うまくできれば「楽しい」「かっこいい」というメリットもあります٩( 'ω' )و

 

レーニング2:字を丁寧に描く習慣をつける

f:id:yohei_physics:20190407112535j:plain

2つ目のトレーニングが「字を丁寧にかく」という方法。

 

この時のポイントは

  • 線の長さ、間隔、文字のバランスなどを意識して書く
  • 「文字の上手さ」よりも「丁寧に書く」ことを意識する

この2点が大切になってきます。

 

確かに文字を丁寧に書くというのは、かなり頭を使う作業ですよね。

 

もし雑に書く習慣があると「空間認知能の低下」につながる危険性があるので、日頃から注意が必要です。

 

レーニング3:積極的に会話する

f:id:yohei_physics:20190131225000j:plain

「おしゃべり」も空間認知能のトレーニングになります。

 

話しているとアイデアが出てくる!というのは、空間認知能が言語中枢に関係しているからです。

 

話すのが苦手な方も、まずは口数を増やすことから始めましょう。

 

あとがき

空間認知能はめちゃくちゃ大切な機能だったんですね。

 

この記事を書いていたら、空間認知能のトレーニングを始めたくなってきました(笑)

 

空間認知能ではないですが、頭が良くなる趣味の1つに「楽器の演奏」があります。

 

 

www.yohei-syugyo.com

 

とりあえず、よへいは絵を書いてみようかな〜と思います。

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。