よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

【無駄な時間を減らす!】悪い習慣を断ち切って「新しい習慣」にするための方法

どうも、よへいです。

 

twitteryoutubeで無駄な時間を過ごした...という経験は誰にもあるはずです。

 

今日は、このような「非生産的な行動」を改善するためのポイントをご紹介します!

 

結論から言うと、注目すべきは「トリガー」です。

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

人は無意識のうちに「悪い習慣」を行っている

f:id:yohei_physics:20190121132420j:plain

デューク大学の研究によると

  • 人は判断の4割を無意識のうちに行っている

ということが分かっています。

 

このせいで人は無意識のうちに非生産的な行動をしてしまうことがあります。

 

例えば、

  • 「寝る前にふとスマホを触ってしまい、気がつけば既に深夜の2時」
  • 「ダイエット中なのに、仕事帰りに近くのコンビニでお菓子を買ってしまう」

 

どれも「無駄なこと」だと分かっているのに、ついついしてしまいませんか?

 

このような悪い習慣を捨てて、行動を正しい行動にするためには【トリガー】に注目する必要があります。

 

行動を引き起こす「トリガー」で悪い習慣を改善する

f:id:yohei_physics:20190320212620j:plain

チャールズ・デュヒッグ氏によると、習慣を作る要素は

  1. トリガー
  2. 行動
  3. 報酬

この3つだそうです。

 

トリガーは何かをしようとする「行動のきっかけ」で、このトリガーによって、人は行動を始めます。

そして最後に「達成感」といった報酬が起こり、新しい習慣になります。

 

ポイントは「トリガー」が行動のはじまりになっていることです。

 

筆者いわく

つまり悪い習慣を変えるためには、行動自体よりも、それを引き起こすトリガーに注目すべきだということになる。トリガーを見つけて、別の有益な行動と結びつけてやればいいのだ。 

 とのこと。

 

例えば、スマホをついつい触ってしまうのは「すぐ手元にある」というのがトリガーになっている感じでしょうかねぇ。。

 

つまり新しい習慣を始めるには「新しいトリガー」につくり変える必要がありそうです。

 

トリガーを作り直せ!「新しい習慣のつくりかた」

f:id:yohei_physics:20190406104727j:plain

前述のとおり、行動を変えるには「きっかけ」となるトリガーを新しく作る必要があります。

 

例えば「日記を書く」という習慣を作りたいときは

  • 「お風呂」からあがったら日記を書く
  • 寝る前に「スマホを充電するのと同時に」日記を書く

などといったように、新たなトリガーを作ればOKです。

 

ポイントは【習慣化している事と結びつける】ということです。

 

お風呂や充電などは毎日必ず行うはずです。これを利用して「トリガー」を作れば簡単に毎日の習慣にすることができます。

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。他のテクニックも紹介しています٩( 'ω' )و

www.yohei-syugyo.com

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。