よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

上手くいった結果を想像するのはNG!目標達成率を上げる「プロセスビジュアライゼーション」がかなり良い!

どうも、よへいです。

 

「ダイエットしたい!」「英語を話したい!」という目標を立てても上手くいかない...という経験はありませんか。

 

成果を出すためには「プロセスビジュアライゼーション」というテクニックがかなり有効です。

 

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

 

 

目標達成率を高める「プロセスビジュアライゼーション」とは

f:id:yohei_physics:20190331204208j:plain

計画に沿って何かを成し遂げるために有効なテクニックが「プロセスビジュアライゼーション」です。

 

「ビジュアライゼーション」は心理学用語で

  • ポジティブな結果を考えると目標達成率が高まるよ!

というものです。

 

「じゃあ、単にうまく行ったところを考えればいいの?」と考える方も多いはずです。

 

しかし、大切なのは結果ではなく”プロセス”に注目すること。

 

その意味で「プロセスビジュアライゼーション」が最も有効な手段とされています。

 

単に「うまくいったこと」を想像するだけでは成果は得られない【プロセスが大切】

f:id:yohei_physics:20190402165852j:plain

カリフォルニア大学は、試験を控えた学生たちを2つのグループに分けて、ビジュアライゼーションを行ってもらいました。

 

  1. 「試験に合格した!」とポジティブな【結果】を想像したグループ
  2. テストで合格するための【プロセス】を想像したグループ

 

このあと実際にテストを受けてもらったところ

  • プロセスをビジュアライゼーションしたグループの方が高得点だった!

という結果になりました。

 

研究者いわく

結果を想像したグループは「受かったという想像」で満足してしまい、勉強のやる気がなくなってしまった。さらに勉強のときに「落ちたらどうしよう」という不安にフォーカスしてしまった。

 とのこと。

 

つまり目標を達成したいなら「プロセス」を想像することが大切です。

 

【実践編】プロセスビジュアライゼーションのやり方

f:id:yohei_physics:20190121132420j:plain

プロセスビジュアライゼーションのやり方は至ってシンプルで、

  • 段取りをなるべく細かく立てる!

というだけです。具体例を紹介します。

 

試験が控えているとき

試験が控えているときは「試験に合格」できるようなプロセスを”なるべく細かく”考える必要があります。

  • 「英語は1日30分」「数学は...」など、科目ごとに時間配分を決める
  • 苦手な教科はテストの3日前にチェックする
  • チェックしたところを集中対策する

 

英語の勉強を始めるとき

仕事で英語が必要になり「英語の勉強を始めよう!」と思ったときにも、プロセスを細かく決めることが大切です。

  • 帰宅したらシャワーを浴びて、着替えてからデスクに向かい英語の本を開く
  • 30分間をタイマーではかって英語の本を読む
  • 朝食後すぐにパソコンの前に行く
  • 予約しておいたオンライン英会話を始める

 

ポイントは「ここまでやるか!」というくらい細かくプロセスを想像することです。

 

「そもそも継続できないよ!」という方は、まずはトリガーに注目してみましょう。

www.yohei-syugyo.com

 

 何をすれば良いかわからない!という方はとりあえず「朝の習慣」を見直してみましょう。

www.yohei-syugyo.com

  

プロセスビジュアライゼーションは少々面倒ですが、かなり効果があるので是非お試しください٩( 'ω' )و

 

以上、よへいでした!