よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

やるべきことを思い出した時に合理的な判断ができる「3つの選択肢」

どうも、よへいです。

 

「今日は頑張るぞ!」「いい1日にするぞ!」と張り切って予定を立てても

  • 途中で「あ、あれをやっていない...」と気がついた

という経験はありませんか?

 

こんな時は、状況に合わせて「3つの選択肢」から選ぶのが合理的です。

 

 

やるべきことを思い出したときの「3つの選択肢」

f:id:yohei_physics:20190423213503j:plain

予定を立てすぎたり、急用ができたりすると他の「やるべきこと」を忘れてしまいやすいです。

 

もし「やるべきこと」途中で思い出したときのベストな対処法は基本的に3つしかありません。

  1. 今やる
  2. 二度とやらない
  3. やる日を決めてスケジュールに組み込む

 

ここでは、

  • 思い出した直後に、選択肢の1,2,3の順で可能性を判断する!

というのがポイントです。

 

自分の状況に合わせて選択することで、かなり合理的な判断ができます。

 

思い出したら「今やる」か「やらないか」を決まる

f:id:yohei_physics:20190420103337j:plain

まず一番の理想は、思い出したことを「今すぐやる」です。

 

決めるべきポイントは

  • 他の作業に支障なく、この場ですぐできるか?

で判断しましょう。

 

この場で処理ができれば後に残さず、心理的な負担を減らすことができます。

 

今すぐできない時は「本当にやる必要があるか?」を考える

f:id:yohei_physics:20190329205146j:plain

「今できるか?」と考えても、そんな余裕がない場合がほとんどですよね。

 

もし、思い出しても「今すぐできない状況」では

  • これは本当にやるべきことか?

と考えましょう。

 

また、ある研究によると、

  • ToDoリストの41%は永遠に実行されない!

ということが分かっています。

 

つまり、私たちが思っている以上に「やらなくても大差ないこと」は沢山あります。

 

もし「やる必要がないかも」と感じたら、キッパリと忘れて「本当にすべきこと」に時間を注ぐべきです。

 

「やらなくちゃ!」と思うことは、すぐに時間を確保する

f:id:yohei_physics:20190423213710j:plain

自分に質問して「本当にやるべきだ!」と思ったことは

  • すぐに時間を確保してスケジュールに書き込む!

というのがベストな方法です。

 

メモに残すだけだと、ほぼ確実に「後回し」になってしまいます。

 

そこで「いつどこでやるか」を決め、スケジュールに入れておくことで作業時間をあらかじめ確保しておくことがポイントです。

 

先に時間を確保することで、

  • 先延ばししなくなる
  • 他の作業に悪影響がでない
  • 心の余裕が生まれて集中力UP

といった様々なメリットが得られます。

 

「いつもギリギリになる...」「後回しが多い」という方は、まずはスケジュールに入れちゃう方法がオススメです٩( 'ω' )و

 

とかいう自分もスケジュール管理が苦手なので見直そうと思います(笑)

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。