よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

午後の睡魔を対処するには、やっぱり「昼寝」しかないみたい【お金で集中力は上がらない】

どうも、よへいです。

 

近年の研究によると、

  • 人間の集中力は午前がピークで、その後はどんどん集中力が落ちていく

ということが分かっています。

 

つまり「お昼過ぎに眠たくなる...」となるのは単に睡眠不足が原因ではなく、生理現象によるものです。

 

この「午後の睡魔」を攻略する方法は「昼寝」以外ありません。

 

「お金がもらえる」で睡魔はなくならない!

f:id:yohei_physics:20190424113655j:plain



冒頭で「昼寝」が一番大切だ!という趣旨の話をお伝えしましたが、

 

「睡魔が出てくるのは、つまらないからじゃない?」と疑問に思うのは当然っちゃ当然ですよね。

 

そこで「報酬」と「睡魔」の関係を調べた面白い研究をご紹介します。

 

ざっくり説明すると、


  • 1日に4回「注意力テスト」を受けてもらう(10時,12時,14時,16時)
  • あるグループには「いい成績が出たらお金をあげるよ」といってテストを受けてもらう
  • 他のグループは何も言わずに受けてもらう

このように「お金」という報酬でモチベーションが上がるかを確かめたんですね。

 

すると結果は面白いことに

  • 両グループとも午後にかけてテストの成績は下がっていった
  • しかも「お金をあげる」と言われたグループは、何も言われていないグループと同じくらいの成績だった!

つまり「お金を稼ぐぞ!」という意気込みは、脳を働かせる効果がほとんどないという結果に。

 

「お金」でやる気が上がるのは確かなんですが、成果に役立たないのはかなり意外です。

 

午後の睡魔を攻略する方法は「昼寝」しかない!

f:id:yohei_physics:20190424113815j:plain

先ほどの研究には続きがあって、


  • 2回目(12時)と4回目(14時)のテストの間に「30分の仮眠」をしてテストを受けたグループ

と他のグループの比較をしたんですな。

 

他のグループは午後にかけてテストの成績が下がっていきましたが、「30分仮眠をしたグループ」は

  • 仮眠をする前に受けたテストは他のグループと同じように成績が下がった
  • しかし、仮眠をした後に受けたテストは成績が他のグループよりも高かった!

という結果に。

 

以上をまとめると、

  • 生産性を高めるためには「心理テクニック」よりも、生理現象を整える「昼寝」の方がはるかに大切!

 といった感じでしょうか。やはり昼寝は大切だった...!

 

とはいえ昼寝は「正しい昼寝」をしなくては逆効果になりかねません。

www.yohei-syugyo.com

 

余裕がある方は「コーヒーナップ」と呼ばれるテクニックも取り入れると更なる効果が期待できそうです。 

www.yohei-syugyo.com

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。