よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

大きな選択のときは「未来」を想像するのがポイント!合理的な判断ができるテクニック「10-10-10」

どうも、よへいです。

 

何か重要な決断をするときには誰しもが迷うはずです。

 

そんなときは「未来」との繋がりを意識するのがポイントです。

 

  

後悔しない超選択術

後悔しない超選択術

 

 

後悔しない選択のコツは「未来を想像する」こと!

f:id:yohei_physics:20190423213503j:plain

合理的な選択をするためには「未来」を考えると良いと言うことが分かっています。

 

つまり、何かを選択するときは

  • この選択は、未来にどんな影響を与えるのだろう?

 と考える癖をつけるのがポイントです。

 

何かを選んだあとの未来を想像するのが「後悔しない選択」の第一歩です。

 

【研究】「近い未来」を想像すると、記憶力UP&合理的な判断ができる

f:id:yohei_physics:20190121132420j:plain

ボストン大学の「3~5歳の子供たち」を対象にした研究を紹介します。

 

簡単に説明すると、

  • 子供たちを3つのグループに分けて、それぞれに「近い過去」「近い未来」「遠い未来」について考えてもらう
  • そのあとに「合理的な判断ができるか?」を計測するテストをしてもらう

という内容です。

 

結果は面白いことに

  • 「近い未来」を想像したグループは、記憶力が上がって、合理的な選択ができた!

 といった具合だったそうで。

 

これに対して、研究者いわく

近い未来をイメージすることで、自分のあるべき姿がクリアになる

とのこと。

 

未来を想像することで「判断力」が上がるのは間違いないみたいですね٩( 'ω' )و

 

【実践テクニック】未来を想像して合理的な選択をする「10-10-10」

f:id:yohei_physics:20190201175639p:plain

合理的な選択には「未来」を考えるのが重要という話をお伝えしました。

 

そこで、未来を想像して合理的な選択をするテクニック「10-10-10」(テン・テン・テン)をご紹介します。

 

このテクニックは、アメリカのスージーウェルチさんが開発したもので

  • 大きな選択をするときは、未来を「短期」・「中期」・「長期」の3つで想像するとで合理的な判断ができるよ!

 というテクニックです。

 

具体的には、何かを選択するときに

  1. 「10分後」に自分はどう変わるか?
  2. 「10ヶ月」に自分は後悔しないか?
  3. 「10年後」に幸せになっているか?

 この3つを考えるというテクニックです。

 

このテクニックに関して、世界屈指の大企業GE社の元CEOジャック・ウェルチさんは次のように主張しています。

重要な選択をするときも、衝動や欲求、目先の利益などに影響を受けてしまいます。だからこそ、短期、中期、長期の3つの未来の視点から選択肢を見極めましょう。

 

結構シンプルでかなり使いやすそうなテクニックですね〜

 

夜食が食べたくなったときはこれで乗り切ろうかな(笑)

 

もちろん、重要な決断の時にも効果はバッチリなのでぜひぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 

参考になれば嬉しいです。

 

以上、よへいでした!