よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

うまくいく計画のコツは「ゴール」から決めるだけ!?目標達成率をあげる「後方プランニング」

どうも、よへいです。

 

皆さんは計画を立てるときにどのようにするのがいいと思いますか?

 

実は、近年の研究によると

  • 計画を立てるときは、目標からさかのぼるようにすると達成率が上がる!

ということが分かっています。

 

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

 

 

「いつもどおりの計画」だと本当に大切なことが終わらない!?

f:id:yohei_physics:20190405093119j:plain

 計画を立てるときに普通であれば、

  • 「5月までに〇〇をして...」「6月には△△をして...」「7月には...」

というように、未来に向けて計画を立てる「前方プランニング」を使うはずです。

 

しかしこの「前方プランニング」だと

  • 「本当にすべきこと」が終わらない可能性が高い!

という問題点があります。

 

これには「現在バイアス」と呼ばれる性質が関係してきます。

 

【現在バイアス】人は目の前にあることが重要に見えてしまう! 

f:id:yohei_physics:20190420103354j:plain

ついつい「あと何ヶ月もあるから...」と目先のことを優先してしまい、本当に大切なことが終わらなくなった経験はありませんか?

 

この原因は、人に「現在バイアス」という偏ったものの見方が備わっているからです。

 

現在バイアスは簡単に説明すると、

  • 目の前にあることが重要に見えてしまい、大事なことでも後回しにしてしまう傾向のこと

 

本番直前や締め切り直前で「時間がない!」と感じるのは現在バイアスが関係しています。

 

ゴールから逆算して計画を立てると目標達成率が上がる!

f:id:yohei_physics:20190324180706j:plain

「前方プランニング」とは逆に、後ろから計画を立てていくことを「後方プランニング」と呼びます。

 

つまり、後方プランニングでは

  • 「本番に間に合わせるには、5月ではこれをやって・・・」というように、締め切りから逆算して計画を立てていく

という普通とは逆の手順をとります。

 

そしてアイオワ大学の研究によると

  • ゴールから逆算して計画を立てたほうが、トラブルに強くなり達成率が高かった!

ということが分かっています。

 

つまり「後方プランニング」は目標達成に非常に役立つ計画術なのです!

 

 

やるべきことが多いときこそ「後方プランニング」 

f:id:yohei_physics:20190320212446j:plain

実はこの後方プランニングは「やることが多すぎる...!」というときに真価を発揮します。

 

同大学の研究によると

  • やることが多くて複雑なときほど「後方プランニング」の効果が大きかった!

ということが分かっています。

 

本書によると、後方プランニングを使えば

一番の山場で力を発揮するために、余力を残しておかなくてはならない。だから、前倒しでタスクをこなしていこうという強制力が働くようになるわけです。(「倒れない計画術」p142より)

とのこと。

 

つまり、

  • やることが多くなっても「後方プランニング」を使えば、”一番大切なタスク”を後回しにしなくなる!

ということですね!

 

先に時間を確保すれば、後は実行するのみ٩( 'ω' )و

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。