よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

【お風呂が先】「入浴」と「食事」には正しい順番があった!疲れをとるポイントは「自律神経」の切り替え!

どうも、よへいです。

 

皆さんは「お風呂」と「食事」のどちらを最初にしていますか?

 

実はこの順番を間違えると「疲労がとれない...」という可能性があります。

 

<参考文献>

寝てもとれない疲れをとる本

寝てもとれない疲れをとる本

 

 

「お風呂」→「食事」の順番で疲れが取れやすくなる!

f:id:yohei_physics:20190330105652p:plain

仕事や学校を終えて帰宅した後に

  • お風呂
  • 食事

を必ず行うはずです。

 

当然のことながら、「食事」はエネルギーの補給で不可欠ですし、「入浴」は体温や心理面においても疲労回復にはもってこいの習慣です。

 

そして、「入浴」と「食事」には正しい順番があることが分かっています。

 

つまり、現代の医学によると

  • 「入浴」→「食事」→「就寝」の順番で行うと、疲れが取れやすいよ!

と言われています。

 

ポイントは「自律神経」にあります。

 

人間は活動によって「自律神経」の切り替えをしている!

f:id:yohei_physics:20190329172149j:plain

人間には、大きく分けて体内のモードが2つあります。

  1. 副交感神経モード(=リラックス状態)
  2. 交感神経モード(=活動状態)

 

そして、人間は「食事」や「睡眠」といった行動に合わせて体内のモードを切り替えているんですな。つまり、

  • 「食事」→副交感神経モード
  • 「入浴」→交感神経モード
  • 「就寝」→副交感神経モード

といった具合です。

 

食べたものを消化するときや、睡眠の時はリラックス状態(=副交感神経モード)に入ります。

 

一方、入浴は一見するとリラックス状態にありそうですが、血液がビュンビュン循環しているため交感神経モードになります。

 

このように、

  • 人は活動によって体内のモードを切り替えている!

というのがポイントになります。

 

「自律神経」の切り替えをシンプルにすると疲れが取れる!

f:id:yohei_physics:20190401210013p:plain

疲れを取るために必要なのは

  • 「体内のモード」がシンプルに切り替わっているかどうか?

が1つのチェックポイントになります。

 

本書によると、

 体の陰陽バランス(=自律神経)の切り替えがシンプルなほど、体はスムーズに休息モードに入ることができるので、「入浴」→「食事」→「就寝」という流れのほうが、効率のいい回復ができるのです。

(「寝てもとれない疲れをとる本」より)

 とのこと。

 

つまり、

  • 疲労をとりたいなら「活動モード」と「リラックスモード」はなるべくまとめて行う!

という結論になりそうです。

 

寝る前にスマホを見るな!というのも、自律神経が関係していたんですねー。

 

疲れがとれなくて悩んでいる方はぜひお試しください٩( 'ω' )و

 

とはいえ、単純に睡眠が足りていない可能性があるので、まずはこちらでチェックするといいかと。

 

「自分の睡眠時間はどのくらいがベストか!」問題はこちらから。

www.yohei-syugyo.com

  

「いい睡眠をとれているのか?」をチェックするにはこちらから。

www.yohei-syugyo.com

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。