よへいの修行場

計画→実行を記録していきます

右脳トレーニングは意味がない!?「右脳=創造性、左脳=論理的」はじつは間違っていた!

どうも、よへいです。

 

皆さんは「右脳は芸術派だ!」「左脳は論理的だ!」という説明を聞いたことがありませんか?

 

じつは、この説明は「間違っている」かもしれません。

 

「頭がいい人」になるための習慣 成功する人は自分だけのリンクを見つけている

「頭がいい人」になるための習慣 成功する人は自分だけのリンクを見つけている

 

 

「右脳だけ」を鍛える右脳トレーニングは意味がない!?

f:id:yohei_physics:20190428221844p:plain

右脳と左脳には、

  • 「右脳」:創造性、イメージ
  • 「左脳」:論理的思考

といった機能的な違いがあると理解している方も多いのではないでしょうか。

 

ですが筆者いわく

  • 「右脳=イメージ、左脳=論理」には根拠がない!

というのが現代の考え方なのだそうです。

 

もっと言うと、

  • 「右脳トレーニング」で右脳だけを鍛えようとしても意味がない!

とされているようです。

 

右脳と左脳の説明は古い!科学的根拠が少ない!?

f:id:yohei_physics:20190121132420j:plain

右脳と左脳の説明は、生理学者のロジャー・スペリーの「分離脳」の観測からきているそうです。

 

簡単に説明すると、

  • 1960年代にロジャーさんは、脳の左右をつなぐ部分を切断する「分離脳」という手術をした。
  • 患者を研究し「右脳と左脳に機能の差がある!」ということを発見した。(1981年ノーベル医学賞)

つまり、

  • 「右脳=イメージ、左脳=論理」という説明は、20年以上前の古いデータから来ている

とのこと。

 

確かにかなりの功績ではありますが、やはりデータが古く科学的な根拠が薄いのですね。

 

 「イメージ=右脳」はウソ!?じつは脳全体を使っていた!

f:id:yohei_physics:20190118165654p:plain

いまの時代は、

  • fMRI」などで脳の機能自体を簡単に調べられる!

とのことで、実際に「右脳=イメージ」を調べてみたんですな。

 

すると、

  • イメージを思い浮かべたときは、左脳と右脳の両方の「後部」が発達していた!

という結果に。

 

筆者いわく

20年以上前の報告から信奉されてきた「右脳=イメージ」という発想は、あまりにも大雑把というか、根拠のない説だったのです。

(「頭がいい人」になるための習慣 より一部引用)

 

脳は思っている以上に複雑で、簡単に左右の部分で分けても「脳」を知ったということにはならないんですね。

 

脳トレーニングは「脳全体」の活性化法

f:id:yohei_physics:20190407112524j:plain

「右脳=創造性」という説明も先ほどと同様に調べたところ、

  • 創造的な活動をすると、脳の「前頭前野」を中心に脳全体が活性化する!

ということがわかりました。

 

つまり、筆者いわく

したがって、従来の右脳トレーニングというのは、あくまでも脳全体の活性化法ということで捉えなおさないといけません。

(「頭がいい人」になるための習慣 より一部引用)

 

特に「音読」や「単純計算」で脳全体が発達するとのことです。

 

他にも「楽器の演奏」は、右脳トレーニングと言われることが多いのですが、実際は脳全体のトレーニンになります٩( 'ω' )و

www.yohei-syugyo.com

右脳と左脳のどちらか一方を鍛えるのは難しそうですが、逆にいえば

  • 部分的に鍛えるのは難しいから、とりあえず脳にいいことなら何でもOK!

と言えるのではないでしょうか。

 

個人的には、右脳派・左脳派というのはよく分からないので、非常に納得のいく結果でした。

 

脳にいい習慣を始めたい!という方は「運動」や「瞑想」の簡単なものから始めるといいかもしれません。

  

www.yohei-syugyo.com

 

www.yohei-syugyo.com

 

 余裕があれば「食材」にも目を向けてみてはいかかでしょうか。

www.yohei-syugyo.com

 

www.yohei-syugyo.com

 

参考になれば嬉しいです!

 

以上、よへいでした。